ダイビングライセンス取得について

今年こそスキューバダイビングを始めたい!Cカードを取得して世界中の海を潜ってみたい!しかし…

「ダイビングを始めるにはどうしたらいいの?」
「ダイビングライセンスってどうすれば取得できるの?」
「ダイビング器材は買わなきゃいけないの?」
「お金や日程はどれくらいかかるの?」
「どこのダイビングショップがいいの?」 …など

これからダイビングを始めたいと考えている人に不安や疑問は付きものです。このサイトではスキューバダイビングの基礎知識からダイビングラインセンスの取得方法、そして悪質ダイビングショップの見分け方までダイビングが全く始めての人でも、安全に楽しく、そして賢くダイバーになるまでのステップを解りやすく紹介しています。これからダイビングを始める前に是非とも知っておきたい情報です!
ぜひ参考にして下さい!

ダイビングは最初の1歩が肝心

ダイビングは最初の1歩が肝心です!なぜならアナタはまだスキューバダイビングについて何も知らないのです。始めて出会うインストラクターやダイビングショップによって、これからのダイビングライフが大きく変わってしまうかもしれません。
安全で楽しくダイビングを始めるためには、まずはダイビングのこと、ダイビンライセンスのこと、ダイビングで必要になるもの…などなど正しい知識を持つことがとても大切なのです。

なかには直接ダイビングショップやインストラクターに聞いてみるほうが早いと考える方もいるかもしれません。しかし、本当にその人は信頼のできる人でしょうか?実は今、一部の悪質ダイビングショップによる消費者間トラブルが業界全体の大きな問題になっていることを知っておいて欲しいのです。これは、ダイビングの知識が乏しい初心者を対象にした非常に悪質な手口です。そんなトラブルに巻き込まれでもしたら、楽しいはずのダイビングが台無しになってしまいます。

大切なのは正しい知識を持ってダイビングへの第1歩を踏み出すこと!そうすれば自分のスタイルに最も近いショップを選び、優秀なダイビングスキル提供してくれる最良のインストラクターと出会うことができるのです。
忘れないで下さい。まず最初にすべきことは正しい知識をつけることなのです。

スキューバダイビングとは

誰にでも一度くらいは水中世界の様子を映画や写真でご覧になったことがあるのではないでしょうか?しかし、ダイバーではない人にとってスキューバダイビングが一体どんなんものなのかを完全に理解することは難しいことだと思います。
魅惑的で美しい水中生物を、その目で見ることの他にも、水中で初めて呼吸をする時のスリルや、宇宙飛行士のように無重力で浮いている時の感覚はスキューバダイビングを経験したことのある人だけが理解できる、特別な感覚だからです。

これからスキューバダイビングを始めようと思っている方にとって、今はまだ謎に包まれているダイビングも、その経験を増していくほどに好奇心と冒険心に変わっていくことでしょう。適切なダイビング器材と知識とスキルを備えていれば、スキューバダイビングは誰にでも、安全に楽しめるレジャースポーツです。

マスク(水中ゴーグル)、スノーケル、フィン(足ヒレ)だけでも、シュノーケリング(またはスノーケリング)やスキンダイビング(素潜り)で水中世界を楽しむことが出来ます。より深く、より長く水中世界を楽しむためにはスクーバ器材が必要になります。

スクーバとはSCUBA=Self Contained Underwater Breathing Apparatusの略のことです。

少しダイビングに慣れてくると“スキューバダイビング”を“スクーバダイビング”と呼んでいるダイバーもいますが、基本的にはスキューバでもスクーバでも同じ意味です。一般的に認知されている呼び名はスキューバダイビングですので、このサイトでは“スキューバダイビング”で統一しています。また年配の先輩ダイバーのなかには“スキューバダイビング”を“アクアラング”と呼ぶ方もいます。これは本サイト中のダイビングの歴史でも紹介したように、ジャック・イブ・クストーが開発した潜水装置“アクアラング”から由来しているようです。現在では“アクアラング”とは、世界で最も有名なダイビング器材メーカーの名称として定着しています。

ダイビングライセンスとは

全く初めての初心者がスキューバダイビングを行なうには「ダイビングライセンス」が必要です。これが無ければ、ダイビングはもちろんのこと、ダイビングに必要なスクーバタンク(空気ボンベ)やダイビング器材のレンタルが出来ません。
また最初に覚えておいて欲しいのが、一般的には「ダイビングライセンス=ダイビングの免許証」として広く認知されていますが、正式には「Cカード=Certification-Card」と呼ぶのが正しい呼称なのです。

Cカードとは民間の各ダイビング指導団体が発行する“認定証”のことであり、自動車免許証のような国の機関が発行する“免許証”とは多少意味合いが異なるものです。Cカードをそのまま日本語にすると「認定証」ということになります。
では何故Cカードが必要なのか?というと、スキューバダイビングは水中という陸上とは全く異なる特別な環境下での行為だからです。

安全にダイビングを楽しむためには専門的な知識と技術が必要不可欠です。つまり、Cカードとはダイビングに必要な知識と技術を習得するための講習を受講したことを証明するための“認定証”になるのです。
またCカードはひとつではありません。ダイバー自身の経験やレベルによって様々なCカードランクが定められいます。ダイバーとしての経験が増し、追加トレーニングを受講するこでCカードがランクアップしていくシステムです。ちょうどスキー検定と同じような感覚です。ダイビングが全く初めての人が取得できるCカードは、一般的に「オープン・ウォーター・ダイバー」とか「オープン・ウォーター・ライセンス」と呼ばれています。
オープン・ウォーター・ライセンスを取得するには、各ダイビング指導団体の認定インストラクターが開催する「オープンウォータコース(=ダイビングが全く初めての人を対象にしたCカード取得コース)」を受講することで取得できます。

ダイビング指導団体とは

ダイビング指導団体とは、ダイビングの普及・ダイバーの育成を目的とする民間のダイビング教育指導団体です。世界的には約4000以上のダイビング指導団体があり、日本だけでも約30〜40あまりの団体があると言われています。現在でも各指導団体それぞれの理念・ポリシーに基づいて、所属するダイビングインストラクターがダイバー教育、Cカードの発行を行っています。

こうした背景のなか、業界をリードする国際的な指導団体数社が集まり、世界の多くの国や地域で通用する指導基準を統一化する目的でWRSTC=World Recreational Scuba Training Councilが1997年に設立されました。日本ではCカード協議会に所属している指導団体が、このWRSTC基準を満たす講習を提供していることとなり、世界中で通用する国際Cカードとして認識されています。現在Cカード協議会に所属している指導団体は4社だけですが、この4社だけで日本の全ダイバー人口の約80%以上のシェアを独占していると予測されます。
以下がCカード協議会に所属している指導団体です。

■PADI‐パディ(Professional Association of Diving Instructors)
1966年にアメリカで設立。全世界のアクティブダイバーの約60%が所属しているといわれる、名実共に世界最大のダイビング教育機関。
■NAUI‐ナウイ(National Association of Underwater Instructors)
1950年代はじめ、アメリカのカリフォルニアで発足したナショナル・ダイビング・パトロールを前身とする。
■SSI‐エス・エス・アイ (Scuba Schools International)
1970年に米国で誕生した世界的なスクーバダイビングの指導団体。
■NASDS‐エヌ・エー・エス・ディー・エス (National Association of Scuba Diving Schools)
1961年にアメリカ、カリフォルニアでスポーツダイビングの安全、発展のために設立されたダイビング指導機関。

以下がCカード協議会に所属していない主な指導団体です。

■BSAC‐ビーエスエーシー(British Sub-Aqua Club)
1953年、イギリスのロンドンで発足。チャールズ皇太子を名誉総裁に戴く、世界最古の伝統を誇るダイビング教育機関。
■JUDF‐全日本潜水連盟(Japna Underwater Diving federation)
1972年、全日本潜水連盟が結成され、日本を代表する唯一の全国組織の潜水団体となりました。

▼Cカード協議会…正式名称は「レジャーダイビング認定カード普及協議会」。日本国内の主要なCカード発行組織4社によって構成されている団体です。
Cカード協議会の最低指導基準は、実質的な世界標準となっているアメリカWRSTC基準に基づいて作成されたものであり、Cカード協議会加盟社の発行するCカードは世界各地域で広く認知されています。
独自ドメイン取得